居宅介護支援事業所の業務内容紹介

居宅介護支援事業所の業務内容紹介

サービス概要

居宅介護支援事業者は、介護を必要とする人が適切なサービスを利用できるよう、本人や家族の要望を伺いながら、ケアプランの作成や見直しを行います。

具体的な内容

居宅介護支援事業所のケアマネジャー1人が担当する利用者は35人以下と法令で定められており、通常は1人の利用者を1人のケアマネジャーが担当しています。 主な仕事の内容としては以下のようになります。

介護に関わるご相談や、要介護認定申請手続きの代行介護保険制度を使って介護サービスを利用するにあたって申請手続きを行いますがケアマネジャーがその手続きを代行することができます。ただ申請書の作成と提出を行うだけではなく、介護保険制度の説明や認定結果通知書が手元に届くまでの流れについての説明も行います。

ケアプランの作成本人や家族を訪問し、普段の生活の様子や困っていること、今後やってみたいこと、家族の要望などを確認した上で、ケアプランの作成を行います。

サービス担当者会議の運営介護サービス利用者に関わる専門職や行政の担当者が集まり、ケアプランの実施状況や目標の達成状況についての情報を共有し、サービス内容の調整を行うサービス担当者会議があります。ケアマネジャーがこの会議の運営などを行っていきます。

ケアプランの管理と再評価ケアプランは、ケアマネジャーによって定期的に見直しが行われます。定期的にモニタリングを行いサービスが計画的に行われているかを確認し、評価を行い、必要に応じて変更などを行います。

その他、介護生活に関する問題のご相談

サービス利用対象者

介護サービスを必要とされる方、またはそのご家族。
事業所ごとにサービスを提供できる地域があります。

求められる職種

介護支援専門員、主任介護支援専門員

介護のお仕事を探す
あなたの「介護の就職・転職」を徹底サポートします!
0800-170-7414
たくさんの非公開求人の中からあなたに合ったお仕事を紹介します!

「MC-介護のお仕事」は㈱メディカル・コンシェルジュが運営する、介護に関わる方々の就職・転職を支援する介護総合求人サイトです。 ㈱メディカル・コンシェルジュでは求人情報のご紹介だけでなく、人材紹介・人材派遣など、皆様の多種多様な働き方を応援する為に、転職サポートを承っております。

MC介護のお仕事のメリット
PAGE TOP