介護職・ヘルパーのお仕事紹介

介護職・ヘルパーのお仕事紹介

介護職・ヘルパーとは

高齢者、障害者などの施設やご自宅を訪問して、入浴、排せつなどの介護や調理、買い物、掃除などの生活援助などを行う専門職です。

介護職・ヘルパーの業務内容

①生活援助 買い物、調理、衣類洗濯、掃除、ほか日常生活における家事全般をサポートする。
下記のような身体介護を重視する傾向がありますが、生活援助には、QOL(生活の質)を高めることで、寝たきりになることを防いだり、お年寄りの自立を促すという大切な役割を果たします。

②身体介護 Ⅰ.《ヘルパーの判断でできる業務》 医師等の指示を必要としない業務。 食事介助、排泄介助、衣服着脱、清拭、体位変換ほか。
Ⅱ.《医師等の指示を必要とする業務》 上記介護内容の内、疾病や障害によって、医師から特別な指示がある人に行う業務。例えば、食事介助においても、咀嚼(そしゃく)やえん下障害の有る人に対しては、医師からの指導・指示に基づき、看護・医学的な配慮をした技法が求められる。
Ⅲ.《通院に関連した業務》 移動介助など、通院に関連した行為について行う身体介護の業務。通常時の送迎などが含まれます。その際、身体介護と同じく、日常的な疾患に対する基礎知識が求められる。

介護職・ヘルパーのキャリアパス構図

段階的に知識や技術の習得ができるシステムによって、
将来を見据えて働き続けることができます

介護ヘルパー初任者研修 実務者研修 介護福祉士 認定介護福祉士(仮)

介護職・ヘルパーになるには

各都道府県の介護職員初任者養成研修を受ける。指定機関(社会福祉協議会ほか)や専門学校等の事業者が委託されて実施している場合が多い。

介護職員初任者研修

介護職・ヘルパーの主な就業先

訪問介護、訪問入浴、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護付有料老人ホーム、デイケア、デイサービス、病院等

介護職・ヘルパーを取り巻く環境

2025年には、現在の2倍程度にあたる250万人の介護職が必要とされています。更に量的充足だけでなく、介護現場の中核を担う介護福祉士は介護職全体の3割弱にとどまっており、その安定的な確保にも対応が必要です。
最近では、キャリアパスをわかりやすいものにするとともに、障害働き続けることができるという展望を持てるようにするため、介護職全体の資格体系を見直す作業が行われたり、介護職員の処遇改善の為に処遇改善交付金が支給されています。
今後、社会全体の中で高齢者の増加が加速する中で、より一層必要とされる職種です。

介護のお仕事を探す
あなたの「介護の就職・転職」を徹底サポートします!
0800-170-7414
たくさんの非公開求人の中からあなたに合ったお仕事を紹介します!

「MC-介護のお仕事」は㈱メディカル・コンシェルジュが運営する、介護に関わる方々の就職・転職を支援する介護総合求人サイトです。 ㈱メディカル・コンシェルジュでは求人情報のご紹介だけでなく、人材紹介・人材派遣など、皆様の多種多様な働き方を応援する為に、転職サポートを承っております。

MC介護のお仕事のメリット
PAGE TOP